ホーム  I  会社紹介  I  ダッハンマリ紹介  I  ゲストブック  I  メール  I  サイトマップ

陳玉華おばあちゃんの
紹介
会社紹介
会社沿革
本店のご案内

私は今70才の老人です。1978年に家族が食事も食べられない貧困の危機に迫られた時期がありました。
そのとき何とかしなければと決心し、いろいろ工夫しているうちに「鶏」という題名が思い付きました。
私はもともと心に決めたことを成し遂げられないと夜も眠れない性格なので、夜を明かしながらいろいろな鶏料理を作り、10人のお客さんに試食してもらうことを十日間やり続けました。ついに美味しいと言ってくださる方が10人中8人になり、私の料理が大衆にも受け入れてもらえる味だと自信を持つようになりました。
 
なんといっても料理の味はすべて材料の新鮮度がもっとも重要だと考え、毎日お湯を沸かしておいてから古い自転車に乗って中央市場に行き、鶏を一羽、二羽、買ってきました。
在庫は残しませんでした。汗が顔中流れ落ちてくるほど大変ではありましたが、決して辛いとは感じませんでした。それは家族の命が全て私の手に掛かっていたからです。その当時一匹1200ウォンで買ったのを1300ウォンで売っていたのですが、それは利益をほとんどとらずできるだけ多くの人に食べてもらいたいと思ったからです。その結果、3年が経つとお客さんが多く並ぶようになり、噂が噂を呼んで、新聞や雑誌、テレビなどで紹介されるようになりました。スポーツ朝鮮をはじめとして朝鮮日報、東亜日報、ハンギョレ新聞、情報バンク、話題集中などにも載るようになりました。その後海外でも、日本の大阪放送、そしてLA、カナダでも報道されました。
今や韓国ではどこにいってもダッハンマリ(鶏一羽)を食べられるようになりました。今も私の信念は、新鮮な材料と最高の品質、そして自然食品のみを使うことであり、これからもこれだけは永遠に変わらないことでしょう。

陳玉華おばあちゃんの元祖タッハンマリ (鶏一羽)


ソウル 鍾路区 鍾路5街 265-22 Tel : 02-2275-9666